印鑑が欠けてしまった

印鑑イメージ

先日用があったので銀行に行ってきました。
窓口からの引き落としを行ったのですがその時にこんな問題が・・・

銀行印を書類に押して提出したのですがその銀行印に不備があるというのです。
また押し直して再提出・・・したのですがやっぱりダメのようです。

窓口の人に銀行印を渡したのですがなんと銀行印が欠けているとのことです。
その欠けている部分のせいでコンピューターの読み取りが出来なく手続きが行えないらしいのです。

私は銀行印を印鑑ケースに入れていたのですがその印鑑ケースに問題がありました。
薄い布の印鑑ケースにそのまま印鑑が入っているので衝撃で簡単に欠けてしまうのです。
このままでは取引が先に進めないのでしょうがなく持っていた別の印鑑で代用することに。

しかしそれも印鑑の変更などの手続きが必要になったのでものすごく時間がかかってしまいました。
今回はたまたま別の印鑑を持っていたのでなんとかなりましたが持っていなかったらもっと時間がかかっていたでしょう。
印鑑というのはとても大事なものです。

このように壊してしまわないためにもきちんとした印鑑ケースというのが必要なんですね。
大事なものをケチってしまってはダメということです。

ちなみに私の印鑑ケースは100円均一のものでした・・・
いい教訓になりました。

最近印鑑ケースも多種多様になってきています。
自分だけのオリジナルケースといったものもあるようですのでこの機会に珍しいデザインのものにしようかなと考えています。

ページの先頭へ